FC2ブログ

三文クリエイター

自作小説&映画の感想、地域の話題を紹介してゆきます! 

スポンサーサイト 

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop▲

餓鬼狩り 第二部  (第九回) 

自作小説

                餓鬼狩り   第二部 (第九回)

 憑依……。憑依とは、一体どのような現象のことを指す言葉なのだろうか?
 生きている人間に、霊などがとり憑く、または乗り移ることを、憑依、あるいは憑き物と呼び、魂に善なる霊が宿った時は神降ろし、神宿りとして人々は、驚きと喜びを持って迎い入れ、狐や犬などの低級な動物霊や、悪魔が憑いたとみなされる悪霊、悪魔憑きが、人の魂を乗っ取ると、人は恐怖に慄く。
 これから起こる蒜壺一族による憑依は、有史以来世界各地で見られた憑依現象をはるかに超えたものとなるだろう。
 人類……。いや、すべての生き物の生と死の垣根のはざまを、根底から覆すものになるかもしれない……。

 それは、昭和の人柱事件として、世を騒がせたH県山奥の荒蕪トンネルから始まった。
 昭和四十六年、H県山岳部を襲ったマグニチュード7を超す大地震は、山間部の土砂を崩し、樹々をなぎ倒した。山間を通る国道は、地割れによって、各所で寸断され、谷を流れる河川のいくつかは、崩れ落ちてきた土石流で埋まってしまった。 
 針葉樹が生い茂る標高三百メートルにある荒蕪トンネルでは、地震によってトンネル内を照らす照明ライトが全壊し、いたるところで、トンネル内部を覆う壁が剥がれ落ちた。地震によってできた亀裂から大量の水が出、あふれ出た水は河川となって道端に流れ出たという。
 あふれ出たのは水だけではなかった。
 余震が収まり、あふれ出た水が引いた後、トンネル内の様子を見に来た県の職員たちは、剥がれ落ちた壁の中から信じられないものを発見した。
 昭和の初め、荒蕪トンネル工事のために、駆り集められて、過酷な労働のために病気や怪我で死んだ者や、あるいは見せしめのために、そこに埋められた労働者の数十体にも及ぶ人骨が、そこから発見されたのだ。
 当時、難事業と言われた標高三百メートルにある荒蕪トンネルの工事は、再三起こる土砂崩れや、壁の崩落、ガス漏れなどと常に戦わなければならなかった。
 危険が伴う工事のため、労働者が集めにくかったが、高い報酬が得られるという人買いの言葉に騙されて、仕事にない者、どこにも行く当てのない者、脛に傷がある者などが、全国から集められ、一度入ったら、もう二度と出ることが叶わないといわれるタコ部屋に強制的に入れらたのであった。
 一日、十五時間にも及ぶと言われた過酷な労働と、握り飯だけの食事は、労働者の身体を蝕み、強健でならした男たちも、やがて疲れ果てていった。過労で倒れるものが続出し、病気にあり死んでゆくもの、逃亡を企てるものも出た。逃げた者の大半は捕まり、見せしめのために、生きたまま、トンネル内の壁の中に人柱として葬り去られたという。
 生きたまま人柱にされた人々の怨念が招いたのか、それとも当時の悪意がそのままそこに残っていたのか。
 蒜壺一族が惹き起こしたと思われる憑依現象は、荒蕪トンネルを通った二台の観光バスから始まった。
 平成X年九月九日。全国紙の新聞紙上に奇妙な見出しが載った。
“乗客全員発狂!? 暴徒と化した人々”
 新聞紙上によると、九月八日の午後二時ごろ、荒蕪トンネルを通過した観光バス二台が、トンネル通過後、五十メートルも行かないうちに停止し、停まったバスの中から、気が狂ったとしか思われない人々が出てきたという。道路上にあふれ出た人々は、人語とは言えない訳の分からない言葉で、わめき散らし、互いに罵りあい、着ているものを自らの手で引き裂いた。
 後続のクルマが、路上に溢れている狂ったとしか思えない人々の群れに驚き、クルマを停止させると、暴徒と化した人々は、後続のクルマに乗っていた人を襲ったという……。
 その三日後、S県南部にある等々力岬というところで同じような事件が起こった。
 切り立った断崖が入り江に食い込むようにそびえたつ等々力岬は、風光明媚な岬で、観光スポットとしても有名だったが、自殺の名所としても世間に知られていた。
 等々力岬の先端に立つと、死にたくもないのに、ここから飛び込んでしまえと言う思いが湧き起こるという。
 そのため、等々力岬の先端は立ち入り禁止にされ、常に監視カメラが可動しているが、それでも立ち入り禁止の柵を乗り越えて自殺する者が後を絶たなかった。
 一年に百を超す自殺者を出す等々力岬。
 この岬で自殺し、地縛霊になった自殺者の霊が蒜壺一族の悪意に力を貸したのであろうか。いや、蒜壺一族が等々力岬にとり憑いている自殺の名所という因縁というものを利用しようとしただけなのだろうか?
 等々力岬の先端から歩いて十分ほどにある等々力岬レストハウスで、それは起こった。
 午後十二時三十分。昼時を迎えた等々力岬レストハウス中のレストランは、日曜日ということもあって数十名のお客であふれていた。楽しそうに食事をとる親子連れや、幸せそうな恋人たち、ツーリングで来たのであろうか革のつなぎを着た若者たちが思い思いに休日を楽しんでいた。
「おい、知っているか。ここ自殺の名所なんだってよ」
「あん!? 自殺の名所だって!? それがどうした。俺達には関係ないことだろう」
「そりゃあ関係ねえが……この頃、何かと物騒だろう」
「なにが……」
「人が狂って暴徒と化したりしてさ」
「ああっ、あれか? 荒蕪トンネルで起こった事件(やつ)だろう。人が人に噛みついたって!? 」
「まるで、ゾンビだよな、そいつら」
 レストハウスの入り口付近に陣取った若者のグループが、荒蕪トンネルで起こった事件をダシに話している。大人ぶってはいるが、おそらく高校生だろう。人の目を気にして髪形を直したり、首にかけたアクセサリィーをもてあそんだりしていた。
「俺たちも狂うか。狂って、ここでHしたりして……」
 サングラスをかけたリーゼントの男が、隣に座っている赤毛の女に流し目を送った。
「いやぁねえ~ ふざけないでよ」
 赤毛の女は、人差し指で、軽く男をいなすと、四人組のグループが、出されたサンドウィッチをほうばりながら笑い合った。
 若者グループの向かいのテーブルに異変が起こった。テーブルいた家族連れの三十代だと思われる父親と母親が、突如、痙攣を起こし、座っていた椅子から転げ落ちてしまった。五歳ぐらいの男の子と、七歳ぐらいだと思われる女の子は、驚いて立ちすくんでしまう。
 何が起こったのか分からない。彼らの唯一の保護者が、目の前で、前触れもなく倒れたのである。男の子と女の子はただ茫然としていた。
 数分後、覚醒した父親と母親は、人が違っていた。
 意味不明な言葉を、わめき散らし、隣のテーブルにいる老夫婦の手足に嚙り付いた。
 等々力岬レストハウス内は、騒然となった。慌ててウエルターやウエイトレスが、老夫婦と兇徒と化した男と女の間に入ったが、騒ぎは収まりそうもない。それどころか、近くのテーブルでも同じようなことが起こっていた。
 中年の夫婦が、突然卒倒したかと思ったら、数分後に立ち上がり、人々を襲い始めた。女子大生だと思われるグループが、口から泡を噴いて倒れたかと思ったら、数分後にふらめきながら起きて、恐れ、慄く人々の手足に噛みつき始めたのであった。
「おいおい、何だ? なにが起こっているんだ?」
 革のつなぎを着た若い男が、同じように革のつなぎを着て、リーゼントをした男に聞いた。
「わ、分かんねえけど……。やべえことが起きているのは事実だぜ。こいつはかなりやべえよ」
「やべえことってなによ? 隆、おまえ分かるか?」
 革のつなぎを着た男が、髪を金色に染めている男に聞いた。
「オレに聞いたってわかんねえよ。おい、順子、分かるか?」
 順子という女の子は、ニヤリと笑うと、隆に突然、噛みついた。いや、順子という女の子だけではなく、リーゼント男の傍らにいた赤毛の女の子も奇声を発し、男たちに襲いかかった。
 二人の女の子は、その姿形も変わり果てていた。
 口が耳まで裂け、目が吊り上がっていた。奇声を発する口元から黄色い涎を流し、汚泥のような臭いを口元から醸し出していた。長く伸びた鋭い爪で、男たちの顔を引っ掻き、カエルのように跳んだ。
「おまえ……。本当に順子か!?」
 リーゼントの男が言った。
 順子という女の子は、一瞬にしてその豊かな髪の毛が抜け落ちたようだった。わずかに側頭部のみに一房の髪の毛を残し、他の髪の毛はどこかに消え失せ、耳元まで裂けた口からサメのような牙が見えていた。j順子は、およそ人間技とは思えない跳躍を見せた。頭上から、サングラスをかけたかつて友人だった男の頭に嚙り付く。
 辺りを見渡すと、姿形さえも変わったのは、この二人の女の子だけではなかった。
 少なくとも、十人をくだらない人間が、人間とは思えない容姿に変わり果てていたのだ。
 急報を聞き、警官が駆け付けた時には、狂人の群れは、外に溢れ、次の獲物を探し求め、警官隊に殺到した。

 二日後、警察庁。地下五階。組織AHOの一室に、那美と呂騎、室緒、村中、高橋、荻隊長、関川、五十嵐参謀と大野が、U字型の机を囲み、スクリーン上に展開される画像を見入っていた。
「始まったな」
 と、大野が言った。
「この画(え)を見る限り、人の姿のままの蒜壺もいるし、そうでもないものもいる」
 荻隊長が、鼻で笑う。
 スクリーン上に投影されている画像は、等々力岬レストハウスで起きた事件を撮影したものだった。蒜壺一族に憑依され、狂人と化した人々がそこに映し出されていた。
「荒蕪トンネル事件の時は、遅れをとり、撮影することができませんでしたが、今回の場合、前もって警官隊の中に、我々のチームを潜入させていました」
 と、室緒が言った。
「荻隊長、君が指揮をとったんだろう?」
 大野が聞く。
「ああっ、俺が指揮をとったよ」
 等々力岬レストハウスでの事件発生の急報を受けた荻隊長ら数名の組織AHOのメンバーは、ヘリで現場に到着すると、あらかじめ連絡を入れえていた警官隊の指揮者と連携し、攻撃を開始した。警官隊を下がらせた荻隊長ら組織AHOのメンバーは、麻酔弾を使用し、狂人と化した人々を眠らせたのである。
「いくら蒜壺のものが憑依していると言っても、人の姿をしている奴に麻酔弾を撃つとは思わなかったぜ」
 荻隊長が、鼻で笑う。
「僕は、撃てなかった……。だって、相手は我々と同じ人間でしょう。心が乗っ取られたといえ、人を撃つなんて……」
 村中が目を泳がした。
「甘ちゃんだな。そんなことだから、毒虫に刺されるんだ。現実を見てみろよ。心を乗っ取られ、姿形さえも変わった奴がいるんだぜ。そんなことを言っていたら命がいくつあっても足らなくなる。わかるかい、ぼうや」
 荻隊長が、指さした。
「そんなこと言ったって……」
 村中は、言葉を詰まらせた。
 N島での蒜壺一族との戦闘中に、毒虫に襲われ、九死に一生を得た村中は、ちょっとしたことで、不甲斐ない自分を責められると、こんなことで、これからやっていけるのだろうか。足手まといになって、みんなに迷惑をかけてしまうのではないだろうかと、思うことが度々あった。
 村中は、視線を下に落とした。
「おそらく、人々に憑依した蒜壺は、あなたがたがBシリーズと区別している餓鬼と呼ばれるものでしょう。けれど、憑依された人々の中には、Aシリーズの蒜壺もいるはずです」
 と、那美が言う。
「この中に、伽羅や琥耶姫、惟三のような知能の高い蒜壺も混じっているというのかね?」
 五十嵐参謀が聞く。
「ええっ……。N島の施設に収容された荒蕪トンネルの被害者の中にも、Aシリーズの蒜壺がいましたから」
 那美は目を閉じた。


                    = 第二部 第十回に続く =




にほんブログ村



スポンサーサイト

PageTop▲

餓鬼狩り  第二部  (第八回) 

自作小説

           餓鬼狩り  第二部 (第八回)

 ナギと洪暫は、睨みあった。やがて、ナギの方から目を逸らした。
「ふっ、ふふふふ。冗談ですよ、お頭」
 いまここで洪暫と、やりあってどうなるというのだろう。負ける気はしないが、無暗に争う気はない。
 ナギは、湖耶姫、爬耶姫に三つの十種神宝が入った巾着袋を渡そうとした。
「おっと、これを渡す前にオババと話をしたいんだが……。いいかい?」
 ナギは、渡そうとした巾着袋を、一度戻した。
「オババと話をしたいだと?」
 洪暫は、片方の眉を上げた。
「できるんでしょう。死反玉を使えば、死者と話すことが」
 オババは、ナギの姉である那美とナギの育ての親であった。那美に十種神宝を渡した後、那美を葬り去ろうとしたナギと戦い、その命を落とした。
「オババと話して、どうする?」
 洪暫が言った。
「さあね。ただ会って話したいだけかもしれないし……」
 ナギは、紫色の巾着袋の中から、空色の勾玉を取り出した。
「これを使えばいいんだろう。どうすればオババを呼び出せる?」
「念じてみよ。オババのことを想い、オババと逢いたいと思うだけでよい」
「念じるだけでいいのか」
「おまえなら、それだけでよい」
 洪暫は、意味ありげに言った。
 ナギは、オババのことを想い、空色の勾玉を強く握った。
 強くて優しかったオババ……。夜一緒に寝るときは、いつも子守唄を、耳元で囁くように歌ってくれた。近くの悪ガキたちにいじめられた時は、ナタを持って追い払い、悪ガキたちの親に叱られていたっけ。僕たちを極異界に連れ戻そうとした熊の蒜壺である喪間を、姉さんと二人で倒したときは、動揺して、泣いていたっけな。泣かなくてもいいのに、僕と姉さんが真の力に目覚めてしまったのが、そんなに怖ったのかい。
 オババは、僕と姉さんを、誰よりも愛してくれていた。そのオババを、僕はこの手で殺してしまった……。
 最初に異変に気付いたのは惟三だった。
「ナギはん、ナギはんの右手、光っているがや」
 惟三は、一歩退いた。
 ナギの右手の中から、空色の勾玉がするりと抜け、宙に浮かんだ。高速で回転し、緑色の線状の光を放った。緑の光は人の姿を模ってゆき、そこにオババが現れた。
 オババは、宙にあぐらをかいて座っていた。眠っているのか、頭を垂れ、ピクリとも動かない。
「オババ……」
 ナギは、語り掛けるように、名を呼んだ。
「オババ……。オババ、眠っているのかい。オババ……」
 ナギは、何度も繰り返し、オババの名を呼んだ。
「……誰じゃい、わしの眠りを妨げるのは?」
 オババは、うっすらと目を開けた。
「オババ、僕が分からないのかい?」
「おまえは……。ナギ!?」
「そう、僕が幽界にいるオババを呼んだのさ。死反玉を使ってね」
 ナギの言葉に、オババは目をかっーと見開いた。
 那美に渡した十種神宝。那美を守るため、あの時、命を賭して、那美から十種神宝を奪おうとしたナギを、阻止したはずである。
命がけで守ったはずの十種神宝のひとつが、ナギの手の中にある。
 と、いうことは……。
「死反玉を使ってじゃと!? 那美は……。おまえの姉さんはどうした? そこにいるのか?」
「姉さん? 姉さんのことなどどうでもいいだろう」
「どうでもいいって……。おまえ、もしや……」
 ナギは、姉である那美を殺すことにためらいはしないであろう。ナギが那美から無理やり十種神宝を奪ったと仮定すれば……。
 オババの面相が、強張っていった。
「殺しやしないよ。いずれそうなるかもしれないけれどもね」
「姉さんを……。那美を殺すというのか」
「そうでもしなけりゃあ、こっちがやられるだけだろう。邪魔するものは容赦なく殺すよ。たとえそれが姉さんだとしてもね」
 ナギは、宙に浮かぶオババに言い聞かせるように言った。
「……そこにいるのは洪暫だね」
 オババが言う。
「オババ、久しぶりだな。兄が亡くなって以来だな」
 洪暫が応えた。兄というのは、先代の蒜壺一族のお頭“千寿”のことである。
「あの時、オババを問い詰めていれば、こんなことにはならなかった……。赤子だった那美とナギを殺しておけばのう」
 あの時というのは、洪暫が兄である千寿を殺したときである。洪暫は、蒜壺と人間との間に生まれたわが子を守るために、蒜壺一族に第二の呪いをかけた千寿を許すことができなかった。洪暫は、千寿を殺し、千寿の子供たち、まだ赤子であった那美とナギを殺そうとしたのだが、オババが、責任をもって那美とナギを育てるということで、那美とナギをその手にかけるようなことはしなかったのである。
「オババが、兄から十種神宝を譲り受け、隠し持っていたと、あの時は分かっていればな。オババを殺してでも十種神宝を奪い、蒜壺一族にかけられた呪いを解いたものを」
「おまえに、それができたというのかい? このオババを殺すことができたのかい? たとえできたとせよ。おまえには、十種神宝を使って、蒜壺一族にかけられた呪いを解くことなどできやせぬ」
「那美なら解けるというのか?」
「ああっ、那美なら解ける。千寿がかけた呪いも……神が、蒜壺にかけた呪いもな。だから、わしは……」
「姉さんに、十種神宝を預けたというのかい。僕を無視して」
 ナギが、洪暫がとオババの話にわって入った。
「はっきりいうけれど、僕のほうが能力は上だよ。僕なら、今頃十種神宝を使って蒜壺一族を、呪いから解放しているよ」
「人との共存を無視してかい?」
 と、オババが言った。
「人との共存!? はっ? 笑わせるなよ。なんで、あんな下等なものと共存しなくちゃあならないんだ」
「人を下等な生き物というのか? おまえの母は、人なんだぞ」
「それが、どうしたっていうのさ。僕は母の顔など知らないし、人なんて、この地球を汚す病原虫だと思っているよ」
「病原虫だと……」
「ああっ、人さえ、この地球上からいなくなれば、この世界はもっと住みやすくなるよ。人っていうものは地球にとって病原虫であり、この世界を蝕む害虫なんだよ」
「ナギ……」
 オババは、ため息を漏らした。
「おまえは、何も変わっとらんな……。いや、変わったか……。力に目覚めた時から、おまえは変わった……。人を見下し、おのれの力に酔うようになった……。小さいときは、あんなに愛くるしかったのに……。だから、わしは……」
「だから、オババは姉さんに十種神宝を渡したのかい。僕に何も言わないで……」
「そうじゃ……」
 オババは、目を閉じた。
「消えていいよ、オババ。もう話すことなどない……。あの世に戻るんだな」
 ナギは、強く念じた。
 宙に浮かぶオババの周辺に緑色の線状の光が幾十も走った。ガラス板が擦れるような音とともに、オババがそこから消えて行った。宙に浮かんでいた空色の勾玉が、ポトリと地に落ちた。ナギがそれを拾い上げ、紫色の巾着袋の中に戻した。
「死んだ者と話せるということは、何かと便利なものかもしれないですやな。生前、聞けなかったこともこうして聞けるし……」
 惟三が言った。
「それを使えば、亡くなった琥耶姫はんとも、話せるでっしゃろ」
 惟三の言葉に、湖耶姫、爬耶姫の瞳孔が妖しく光った。
 湖耶姫、爬耶姫は、姉である琥耶姫に三年以上も会っていなかった。蒜壺一族の癒師(いやしし)でもあった琥耶姫は、化瑠魂などの薬を調合するために、一人で山に籠ることが多く、妹たちとは疎遠になっていたからである。
 湖耶姫、爬耶姫、二人の妹は、姉の後を継ごうと癒師を目指していたのだが、教えを乞う前に姉は亡くなってしまった。
 姉である癒師、琥耶姫に癒師の心得を教えてほしかったのに……。
「琥耶姫には、甦ってもらう。死反玉を使ってな」
 洪暫が言った。
「いいや、琥耶姫だけじゃあない。那美に葬られた雁黄、大地のイ、風のヌ、神通や針口、羅刹、食肉などの仲間も再び、この世に蘇ってもらう」
「お頭、それって、生きている人の身体を、憑依によって乗っ取るということですよね」
 ナギが言う。
「そうだ。人の身体さえ手に入れば、陽の光に怯えなくてもよいことになる。陽の光の中でも、自由に動き、人を喰らうことができる」
 洪暫が、そう答えた
「しかし、なんでっしやろのう。人の身体を乗っ取って甦っても、蒜壺の力、そのまま使えるでっしやろかいな。甦っても、力が使えなんて、しゃれにもならへんで。人の力なんて、たかが知れているし」
 惟三が言った。
 蒜壺一族の超能力ともいえる強靭な力は多岐に分かれている。
 ゴリラなみの力を持ち、口から鉄をも溶かす溶解液を吐く、雁黄のような力を持つ者。右腕から硬質化した鋸状の刃を、繰り出す能力を持つ、琥耶姫のような特異な身体を持つ者。風を操るヌや、大地を動かすイのようなサイコキネシスが特化した者……。組織AHOがBシリーズと組み分けている羅刹、針口、神通、食肉(じくにく)などの猛々しいだけの餓鬼といわれるもの。
 それらの蒜壺一族が、人の身体に憑依し、人の身体を乗っ取ったところで、蒜壺本来の力を使えるのだろうか?
 洪暫が言う。
「おそらく……。人間どもが、餓鬼と呼んでいる食肉や羅刹たちは、本来の力を出すことは難しいだろうな。だがな、惟三。あやつらは生きているとき、あのような醜い身体と、おぞましい性(さが)で、すべての生き物に疎まれながら生きてきたのだぞ。本能のみで生き、ものを慈しむ心もなかったあやつらが、たとえ一時でも、人という豊かな感情を持つものになれる。蒜壺の力を失っても、あやつらは、生き物として生きる喜びを感じるかもしれんて」
「生きる喜びでっか?」
 惟三が首を傾げた。
「ふん、惟三に生きる喜びを諭したところで、無駄なこと。そうだろう、惟三」
 と、ナギが言う。
「わては、腹一杯食えれば満足だす」
 惟三は、太鼓腹を両手で叩いた。
「姉さんは、本当に甦るのでしょうか?」
 湖耶姫が言った。
「琥耶姫は、必ず甦る」
 洪暫が、応える。
「甦った姉さんは? 人なんでしょうか? 蒜壺なんでしょうか?」
 爬耶姫が問う。
「身体は人でも、中身は蒜壺の者。琥耶姫の精神力なら、そのたぐいまれな能力も受け継ぐであろう。残虐の癒師と言われた性格もな」
「それじゃあ、琥耶姫姉さんは、蒜壺の癒師として再び甦るのですね」
「ああっ、ナギ。それを早く、湖耶姫に」
 洪暫が、目で催促する。
 ナギは、死反玉、奥津鏡、道反玉の三つの十種神宝が入った紫の巾着袋を、湖耶姫に手渡した。



                 = 第二部 (第九回)に続く =



にほんブログ村

PageTop▲

餓鬼狩り 第二部 (第七回) 

自作小説

              餓鬼狩り  第二部 (第七回)


  数少ない水源から湧き出たものが、清冽な輝きを反射させながら、川底に転がる小石を撫でるように流れていた。川底は浅いが、所々に窪みがあり、その窪みのせいで小さな渦が、川面に数ヵ所あった。
  傍らの朽ちた大木の下に、大岩を思わせる猛牛の姿をした蒜壺の死体があった。猛牛の姿をした蒜壺の死体に、餓鬼“羅刹”が、数匹、食らいついていた。 
 人間界から極異界に帰ってきたナギは、愛でていた紫色の花を、川面に投げ捨てた。紫色の花は、奔流に身を任せながら舞うように流れて行く。
 この紫の花のように、蒜壺もまた、時の流れに翻弄されてきた……。
 時の流れに翻弄されてきたのは、蒜壺だけではないにしろ、なぜに蒜壺は闇にその身を置かなければならない存在になったのだろう。
 蒜壺一族は、千寿に呪いをかけられる前は、日中でも活動できた。人里離れた森の中に居住し、血に飢えると、里に下り、人を襲い、人肉を食らってきた。鵺とか、鬼とか、妖怪などと人に言われ、恐れられていた。
 蒜壺一族は、数こそ少ないが、人の上に君臨し、我が物顔で、世を陰から支配していたのだ。
 千寿が、すべてを変えた。人の上に立てなくなった。千寿の呪いのため、活動が制限され、夜の世界の住人になってしまった。
 本当に、千寿だけのせいだけなのだろうか?
 奇怪な姿で生まれ落ち、醜悪ともいえる性(さが)が、そうさせたのではあるまいか……。
 闇の世界に追われた蒜壺一族は、自らの性も顧みずに、現界と異界との扉を開くことのできる洪暫に、望みを託した。
 洪暫は、一族の期待を裏切らなかった。
 幽現界、幽界、霊界と様々な異界の扉を開け続けた。十三日目にして、蒜壺一族が住まうべき場所、極異界を探し当てた。
 極異界は、霊界、幽界、幽現界とは似たところもあれば、まったく違うところもあった。
 陽はないが、闇の世界ではない。絶えず薄暗いが、光りはある。もちろん陽の光ではない。光の元が何なのか分からない。それは蛍などの蛍光虫が発する光にも似ていた。ほにかに明るいが、暖かさがない光り。その光りの中で、強いものが生き残り、弱いものは死に絶える。
 川面を流れていった紫の花も、命の力に溢れていたのだろう。摘み取られれば死に絶える存在だが、無情の荒野で咲き誇っていた。死体になる前は、おそらく猛々しかったはずの猛牛の姿をした蒜壺は、無残にその骸をさらしているが、可憐で、か弱い存在だったはずの紫の花は、綺麗なまま。流れていった……。
 つくづく極異界というところは、奇々怪々な世界だと、ナギは流れて行った紫色の花を愛でながら感じた。
 空に隻眼の鴉、刻の姿があった。
 刻は、川辺のほとりに佇むナギを見つけると、羽をひるがえした。一直線に降りてきてナギの肩に止まる。
「ナギ、コウザンガ、ココニクル」
 と、刻が言う。
 ナギは、あえて応えなかった。肩にとまった刻に目もくれない。
「コウザンガ、クルヨ、ナギ」
 刻は繰り返していった。
「分かっているよ。そろそろ来る頃だろうと思っていたところだ」
 極異界に戻って来てから、十日経っている。
 ナギは、度々の呼び出しにもかかわらず、洪暫のもとに、はせ参じることがなかった。ナギが洪暫のもとに行かなければ、洪暫が、ナギのもとにやってくるのは、分かっていたことだ。
 ナギは、洪暫が欲している十種神宝の神宝のうち、三つの神宝を所持しているのだ。
(これの謎が解ければ、蒜壺一族にかけられた二つの呪いが消えるか…)
 人と、蒜壺一族との間に生まれ落ちたナギは、日中でも活動ができ、人肉を食らうことがなくても、狂い死ぬということはない。人は嫌いだが、蒜壺一族にそれほど親愛の情を寄せているわけでもない。ただ、退屈しのぎに、蒜壺一族に加担しているだけのことだ……。
 ナギは、くっくっっくと忍び笑いを漏らした。
「惟三、そこにいるんだろう?」
 ナギは、目の前の大岩に声をかけた。
「あいやー ばれてしもうたやが。ナギさんにはかないまへんわー」
 惟三が。岩陰から身を躍らせた。
「身近にいて、僕の目をごまかせると思うのかい?」
 ナギは、唇を舐めた。
「思っておりません。思っておりませんわやー」
「ここ二、三日、僕の周りをうろついているようだけれど、周りをうろついたところで、何の得にもならないよ。目障りだから、僕に近寄らないでくれないかな?」
「いやいや、わてはただ散歩しているだけです。そんなこといわんでくださいよ」
 惟三は卑屈に顔を歪ませた。
 N島での激戦の後、極異界の帰って来ていた惟三は、ナギの動向を窺っていた。隙あらば、ナギの手から十種神宝を奪おうと思っていたのであった。
「コレゾウ、ナンカ、ヨウカ?」
 刻が言った。
「なんも、ようなぞありませんがや」
 惟三は、頭を掻いた。
「ナンモ、ヨウガナイノニ、ナギノシュウヘンヲ、ウロツイテイル。オカシクナイカ」
 刻が惟三を睨みつける。
「散歩。ただの散歩ですわいな。さっきも言いまっしゃろ。たまには花が咲いているところで、のんびりしたいでしょうが。花なんか咲いてるところなんか、そうそうあらへんし……」
 惟三は、刻から目を逸らした。
「おまえが、花を愛でるか? おまえの目当てはこれだろう」
 ナギは、デニムジャケットの内ポケットから紫色の巾着袋を取り出した。
「この中には、十種神宝のうち、三つの神宝……。死反玉、奥津鏡、道反玉がある」
「およよ、ナギはん、十種神宝を持っていましたのかいな。わて、全然知らんかったや」
「嘘をつけ。あの場にいたおまえが、知らぬわけなかろう」
 ナギは、巾着袋を振って見せた。
「ナギはん、一生のお願いですわ。その神宝に触らせて。どんなものなのか、手にとってみたいわ」
 惟三は、両手を合わせて頼み込んだ。
「僕が、おまえにこれを渡すと思うのかい? もっともお前の手に渡ったところで、おまえにはこれを使いこなせないよ」
 ナギは、不敵に笑った。
「使いこなせない? それ、どういうことですかいな?」
「これを使いこなすには、それなりの能力がなけりゃあな。大した能力もないおまえに、これが使えるとは思えない」
「ナギはん、わてをバカにするんですか。これでもわては……」
「能力が高いとでもいいたいのかい? 姉さんが現れた途端、しっぽを巻いて逃げたくせに」
「わては、逃げたんじゃあありませんで。言うならば、一時的退却や。一時的退却。機を見て、戦場に復帰するつもりだったんだ」
「それじゃあ、なぜ、僕と姉さんが、研究所の屋上で戦っていた時、階段の陰に隠れて出てこなかったんだい」
「わてが、階段の陰に隠れていたこともご存じで……。参ったなあ、もう~ ほんと、ナギはんには隠し事ができまへんがな」
 惟三は、舌を鳴らした。
 あの激戦の最中、野村隊長率いる精鋭部隊が屋上にたどり着いたのを見て、惟三は、屋上に続く踊り場で、戦いの様子を窺っていた。
 那美とナギは死力を尽くして戦っている。どちらが勝っても、残されたものの体力は限界になっているだろう。あやよくば同士討ちになってくれればいい。後は、わてが十種神宝を回収するだけだ……。
 惟三は密かにそう思っていたのだが、ナギは戦闘を打ち切り、伽羅と一緒に極異に帰ってしまった。 
 那美と戦って、うち果てればよかったものを……。
「惟三……。ナギは万能ではない。わしがここに来ているのに気づかないでいる」
 声がした。洪暫の声だ。しわがれた声が、ナギと刻、惟三の鼓膜に響くように聞こえた。
「お頭(かしら)……。来ていたのか? どこにいる」
 ナギが言った。
「わしは、ここだよ。ここ」
 川面に、水柱が立った。地上十数メートルに立ち上った水柱が二つに割れ、人影が見えた。人影は一つではなかった。三つの人影が、川面に立っていた。
「お頭(かしら)……」
 ナギは、洪暫と二人の少女の姿をそこに見た。
「ナギ、おまえが那美から奪った三つの十種神宝は、死反玉、奥津鏡、道反玉に相違ないな」
 洪暫が、ナギの目を真っすぐ見つめる。
「ああっ」
 ナギは面倒くさそうに言った。
「湖耶姫(こやひ)、爬耶姫(はやひ)、ナギから三つの十種神宝をとってまいれ」
 洪暫は、両脇の二人の蛇頭人身の蒜壺に命じた。湖耶姫と爬耶姫は水面の上を歩き、ナギの元に行った。
「ナギさま、あたいたちにそれを渡してくださいませ」
 湖耶姫が言った。
「その声、どこかで聞いたことがあるな」
 ナギが問う。
「ナギよ。その娘たちは亡くなった琥耶姫の妹たちだ」
 洪暫が言う。
「妹!? 琥耶姫に妹がいたのか」
 ナギは湖耶姫と爬耶姫をしげしげと見つめた。
 琥耶姫は、トカゲの顔を持つ蒜壺だった。人の容姿に憧れ、化瑠魂という人の容姿に化身できる薬を、自ら生成した女性の蒜壺だった。那美と戦い、琥耶姫は、那美の腕の中で、美しい人の姿で死んでいった。
「その三つの十種神宝は、言わば姉さんの形見。ナギさま、早くそれをこちらに」
 爬耶姫が言う。
「渡すのを断ったら?」
 ナギが言った。
「断るというのか」
 洪暫が、ナギを睨みつけた。


                    = 第二部 第八回に続く = 




PageTop▲

餓鬼狩り 第二部  (第六回) 

自作小説

                 餓鬼狩り   第二部  (第六回)


 凍り付く……。
 決して大げさな表現ではない。会議室にいる那美以外の人たちは、みな一様にとてつもない寒さを感じていた。
 会議室の温度は二十六度前後、湿度は50~60%。快適に保たれてはいる。普段なら、寒さなど感じないはずだが、いまここにいる人たちは、氷海の中に堕とされてしまった気分だった。
「魂を抜き取って……、どうするのかね?」
 五十嵐参謀が、ためらいがちに言った。
「文献によっては、死反玉は死者をも甦らすと記してあったが、それと関係あることなのか?」
 大野が、畳みかける。
「みなさんは、憑依という現象をご存知でしょうか?」
 と、那美が言う。
「憑依!? あ、あれだろう」
 室緒が言葉を返した。
「室緒くん、知っているのか? 知っているのなら、みなに説明してくれたまえ」
 大野が、促した。
「憑依というのは……」
 生霊や浮遊霊、動物霊などが生者にとり憑くことを憑依と呼び、憑依された人間は、霊に意識を乗っ取られ、奇怪な言動をとるという。
「ああっ、あれか。狐憑きとか狗神憑きとかいう奴だろう。俺は、まったくそんな世迷いごとなど信じちゃあいないが……。昔、そんな映画が流行ったよな。狐憑きとは、全く別物だが……エクソシストという悪魔払いの外国映画。俺はビデオで見た口だけど」
 と、荻が、言った。
 蒜壺一族の術中にはまり、自分の手で部下を殺してしまった荻は、那美の身体の秘密とか、十種神宝など、どうでもよかった。荻の関心は、蒜壺のことだけ。蒜壺の正体を知り、早く、蒜壺一族を、この手で葬ってやりたいと思っていた。
「蒜壺を滅ぼすには、そのエクソシストが必要なわけかい。それともなにか、恐山のイタコでも呼んでこようか」
「荻くん、口をつつしみたまえ」
 大野が、荻の言葉に釘を刺した。
「わしは、憑依などという現象は、一種の精神病か、薬物の使用による発作だと思っているがね」
 関川が、鼻を鳴らす。
 かつて、部下から関川に送られてきたレポートの中に、年端もゆかない少女が、汚物を吐き散らし、大便を壁に擦りつけ、時には犬のような遠吠えで叫び、神を冒涜した言葉を喚き散らしたという報告があった。
 レポートの中には、少女は何者かの手によって、薬を注射されたという記述があり、少女の狂気は、それによるものではないかと記されてあった。
「LSDという薬を知っているか。LSDはトリップという現象で使用者を快楽の極致にも、苦痛の極致にも落とすらしい。薬の使用時における多幸好感時には、狂喜にとり憑かれたように涙を流して喜び、幼い子供のように跳びはねたりするが、薬の効果が切れると、全身が無数の蟻に喰われるという錯覚に襲われるということもあるらしいがね……」
「悪魔憑きというのは、精神異常の一種だというのか!?」
 大野が言った。
「悪魔憑きとか、魔女狩りとか、そんないかがわしいことが盛んに叫ばれたのは、錬金術が奮って行われた中世の頃でね。錬金術で、使用された植物や鉱物が、大量に町に出て、なんの知識も持たない人々が、その植物の葉や球根、鉱物を削り取ったものを口にし、精神異常を起こし、それを目撃した人々が、やれ悪魔憑きだとか、魔女になってしまったと罪のない人々を糾弾したんだよ。当時の人々には、植物の葉や鉱物の成分が、脳や内臓を刺激した結果、精神が異常をきたしたのだとは、思わなかったのでね。で、エクソシストの登場となったわけだ」
 関川が、両手の掌で目を擦った。
「憑依は、映画の中の出来事でも、薬物の使用によるものでもありません。確かに、精神病患者の中には、自分に霊が乗り売ったと思い込み、奇怪な言動を行うものもいるでしょう。薬物の使用により、幻覚や幻聴を訴え、悪魔がそこにいる。悪魔がオレを殺そうとしていると叫ぶ者もいるでしょう。けれど、憑依された人間が、行ったこともない異国の言葉を話したり、アメリカの少女が、古代ヘブライ語で人を侮辱した事実はどう説明するんです? 大の男でも持ち上げることができない家具を、片手で持ち上げて見せたり、猫のように俊敏に飛びまわり、とても人間業ではない行動を起こすことができるのは、なぜです? 薬物使用のせいですか? 霊による憑依は確実にあるのです」
 と、那美が言った。
「死反玉は、その憑依と呼ばれる現象を、極限までに高めたことを行うのです」
「極限までに高めるとは?」
 五十嵐参謀が、目を閉じた。
 五十嵐は、組織AHOを統率し、餓鬼と呼ばれるBシリーズや、高い知能を持ち、特殊な能力で人を翻弄してきたAシリーズを相手にしてきた。獰猛で、強靭な体力で、人を襲うBシリーズに驚き、高い教養と知識を持った人さえも、欺き、特殊能力で、人を地獄に堕としたAシリーズに恐怖した。
 が、これから那美が話すと思われる死反玉の脅威は、それをも凌ぐものだろう……。
「死反玉が、死者を甦らすということは、生きている人間の魂を抜き取り、かわりに死者の魂が、その肉体に入るということなのです」
 那美が、目を伏せ目がちに言った。
「肉体が死者によって乗っ取られるということか!?」
 大野が言う。
「呼吸が止まり、脳が活動を停止すると、肉体は徐々に腐り果ててゆき、最後には朽ちて、この世から消え去ってゆきます。肉体を失った魂は、宿るべき肉体がなければ再生できません。死反玉は生きている人間の魂を抜き取り、死者の魂を生きている人間の肉体にいれることによって、死者を蘇らせるのです」


                 = 第二部 (第七回)へ続く =

 ps 次回からは、那美から三つの十種神宝を奪ったナギと、蒜壺一族の頭(あたま)である洪暫に焦点をあてて、描いてゆきます。


にほんブログ村
 

PageTop▲

餓鬼狩り 第二部 (第五回) 

自作小説

                   餓鬼狩り  第二部  (第五回)

「ちょっと、話してもいいかね?」
 関川が、言う。
「なんだ? 言い足りなかったのか」
 大野が目を光らせた。
「そんな怖い顔をしないでおくれよ。わしは、ここにいるみんなにハイランダー症候群のことを説明したいだけだ。八白比丘尼の話もそうだが、ハイランダー症候群のことを説明したほうが、那美さんの身体のことを理解できると思ってな」
「ハイランダー症候群? なんだ、その症候群っていうのは?」
「ハイランダー症候群っていうのはだな……」
 関川の話によると、ハイランダー症候群というのは、いくら歳をとっても老けないという、非常に稀有な症状を持つ人々のことだという。
「ほう、那美さんのような人が、我々人類の中にもいるというのかね」
 五十嵐参謀が、問う。
「最近、ある筋からわしが確認した患者は、二名でね。アメリカメリーランド州の少女と、韓国の二十代の男性だがね。アメリカの少女のほうは、四歳で、その成長が止まり、二十歳で亡くなってしまったが、韓国の男性のほうは、十代の容姿で、今も元気に生き続けている」
「その韓国の男性、テレビで見ました」
 関川の説明に、室緒が補足するように声をあげた。
 室緒が見たのは、インターネットで紹介されていた韓国のテレビ番組だった。韓国の男性は、異常な症候群を患ってはいるが、大変明るい性格だと、そのテレビ番組は報道していた。
「室緒くんだったか……。君は、人の老化は、何が原因で起きるのか、分かるか?」
 関川が、銀縁の眼鏡を右手の人差し指で掻いた。室緒は、応えることができない。老化のことなど考えたことがない室緒は、不意をつかれた子供のようにうろたえた。
「人の老化というものはだね……。一概には言えないけれど、細胞組織の酸化に、その一因があると言われている。酸素を取り込むことによって、皮膚は老化し、臓器が錆びてゆくというデーターがあるのだよ。君も活性酸素が、身体に有害なことぐらい知っているだろう。何とも皮肉な話だが、生きてゆくのに必要な酸素をとりこむことによって、人は老いてゆく」
「それじゃあ、そのハイランダー症候群の人たちは、活性酸素の影響を、全く受けていないというのですか? 酸化をしないから、肉体が老化しないのですか?」
 室緒が問う。
「そうじゃない。第一、息をして、酸素を取り込まなければ、すぐに窒息死してしまうだろうが……。ハイランダー症候群の人たちは、ホルモンの異常によって老化が食い止められていると、一部の学者たちの中で言われている。どのようなホルモンが関わっているか、全くわかっていないがね」
 ホルモンとは、人の体内で合成され、血液などの体液によって、人体を循環し、細胞などで、その効果を発揮する生理活性物質だと定義されている。ホルモンが創られ、分泌される器官は大きく分けらると、神経から情報を受けてホルモンを生成する視床下部、下垂体、福腎髄質などがあり、細胞からの情報を受けて、性腺、福腎皮質、心臓。栄養情報から、消火管、脾臓、副甲状腺などがあげられる。
 ホルモンは、人の正常な生命活動状態を保ち続ける重要なものだが、その作用については、まだ分かったいないことが多いと、言われている。 
「あなた方の中にも、私のような人がいるというのね」
 那美が言う。
「そうだ。まっ、那美さんみたいに平安時代から生き続けている人間はいないと思うけれどな。わしが言いたいのは、人類の中にも不老の可能性持つ人々がいるということだ」
「那美さんが、平安時代から生き続けてきたという話は、無暗に否定できるものではないということだな」
 関川の説明を受けて、大野が言った。
「そういうことだ。信じられる話ではないがな」
 関川は、眼鏡を外し、胸のポケットから取り出したハンカチで眼鏡を拭き始めた。
 いつまでも若いままでいたいという願望は、おそらく人類共通のものであろう。
 人は、誰でも老いる。歳をとれば、物覚えが悪くなり、運動能力が低下する。容姿が衰え、異性に関心を持たれなくなり、やがて、鏡に映った自分の姿に愕然とするようになる……。
 中には、歳など気にせずに、溌溂と生きている人たちもいるが、内心では、若さを取り戻したいと思っているだろう。失った若さが取り戻すことができれば、人生の中で、積み上げられてきた知恵と経験を生かし、きっと後悔しない人生が送れるはず。
 たった一度の人生、後悔だけはしたくないと……。
「それで、那美さん。あなたが使用している十種神宝というのは、文献に記されている物部氏が、神から授かったと言われているものと同じものなのかね?」
 大野が問う。
 古代において、神アマテラスオオミカミから、神二ギハヤヒノミコトに贈られ、二ギハヤヒノミコトが、軍事と警察を司った氏族である物部氏に授けたという十種神宝は、石上神社に奉納された。その後、石上神社は織田信長の焼き討ちに遭い、その焼き討ちの際、十種神宝は、賊の手によって持ち去られた。その後、転々と居場所を変え、町の古道具屋で発見された後、いまは楯原神社に祀られいるという。
「楯原神社に祀られているという十種神宝は、当時の人たちが、私が使っている真の十種神宝の力を、垣間見た人が創作したものにすぎません」
「と、いうことは、物部氏は二ギハヤヒノミコトから十種神宝は授かったという話は?」
「物部氏は、確かに二ギハヤヒノミコトから十種神宝を授かりました。物の物部氏ではなくて、鬼と書いて鬼部氏(もののべし)と呼ばれる鬼部氏が、二ギハヤヒノミコトから十種神宝を授かったのです。物とかいて物部氏と呼ばれていた氏族は、初めは物部氏とは名乗っていませんでした。鬼部氏が当時の人々に恐れられていた恐れを、わがものにしようとしてモノノベシと名のり、時の政府に取り入れられようとしたのです。物部氏の目論見は成功し、物部氏は、軍事と警察を束ねる氏族としての役職を任されるようになりました。一方、絶大な力を持つ十種神宝を操る鬼部氏ほうは、傲岸不遜になり、神の怒りをかうようになりました。鬼部氏の神をも恐れぬ所業に怒った神は、鬼部氏を地獄界に堕とし、地獄界で罪人を苛む鬼として生きることを命じたのです」
「それが、今も伝わる鬼の姿だと……」
 大野が那美の説明に顔をしかめた。
「すると、もともと人間だった鬼部氏が、あのような角が生えた醜悪な化け物になってしまったということかね」
 関川が、那美に疑問を投げた。
「鬼部氏が十種神宝を使って行った数々の悪行は、神の怒りをかいすぎたのです。神が、人だった鬼部氏を鬼と呼ぶ化け物に変え、地獄界に堕とすほどに……」
 古代の多神教世界のおいて、河川や山々において、様々な神が棲むと言われ、樹木や石にさえ神が宿ると言われた。その世界のおいて、「もの」という言葉が、霊魂、神、あるいは鬼という言葉を意味するようになり、十種神宝を自由自在に操ることができた鬼部氏と名乗った一族は、その強大な力をもったゆえに人間界から追放されたのであぅた。
「十種神宝にはいろいろとあるようだが、鬼部氏は、どんな十種神宝を、どのように使ったんだね……」
 大野が、那美に問う。
「みなさんは、恐山のイタコをご存知でしょうか?」
 那美が言った。
「知っているよ。口寄せという死者の霊を呼び出す巫女のことだろう」
 関川が、応える。
 イタコとは、口寄せという霊的交感で死者の霊の言葉を、伝える巫女たちのことである。
 トランス状態に陥った巫女は、相談者の求めに応じて、霊を呼び出し、霊からの言葉を伝えるという。
「十種神宝の一つである死反玉は、巫女の力を借りなくても、死者との交信ができる力を持つ神宝ですが、この死反玉はつかいようによっては恐ろしいものになります」
「恐ろしいものとは?」
 大野が聞く。
「死者の魂を呼び寄せ、死者から慰みの言葉をもらったり、アドバイスを受け取ったりしているうちは、まだいいのですが……。死反玉は、生と死を司る神宝です。敵意のある相手に呪いをかけたり、死を願い……」
「死を願い……。敵の死を願ってどうするのかね?」
 大野が、眉をあげた。
 敵対する相手や、憎しみをつのらす人間に、呪いをかける行為は、世界中、いたるところで見られる。
 日本においては、神社の御神木に藁人形を打ち込む丑の刻参りが知られているが、死体をゾンビ化して蘇らせる儀式で有名な、ブードゥー教では、呪いの人形の胸や腕に針を刺して憎い相手を殺す行為が見られる。また、黒魔術では、呪術で悪霊を呼び出し、相手を不幸のどん底に堕とすという。
「相手の死を願い……。魂を抜き取るのです」
 ため息をつきながら那美は、言った。
「魂を抜き取るだと!?」
 那美の言葉に、会議室は凍り付いた。


                      = 第二部 第六回へ続く =


にほんブログ村










PageTop▲

Menu

プロフィール

本も大好きですが、いい大人なのにももクロを今宵なく愛しています。

パワーミツオン

Author:パワーミツオン
FC2ブログへようこそ!
市民劇場の脚本を書いたり、本を出版したり(にゃんにゃんニャンタの大冒険!)、ブログで小説やら、街の紹介を行っている、とりとめもない男です! 

故郷を愛していますー。よろしく

ナイスな本!

古今東西、感銘を受けた小説を紹介して行きます。(不定期)

       

「竜馬がゆく」司馬遼太郎・著 本好きの人間なら、一度は読んでおきたい誰もが絶賛する名作である。小生も、高校の時に、この本で出会い、もう七回も読み込んでいる。が、なぜか、飽きない。江戸末期の人間たちが、生き生きと描かれており、読めば読むほど味が出てくるのである。日本男児なら神棚にあげておきたい名作である。

 エキサイティングな本!

謎解きの面白さ、ストーリーの奇抜さに興奮した一冊である!

「千年王国のしらべ」 世界の奇跡を調査する、『奇跡調査官』シリーズの一冊。 この千年王国のしらべは、最後の最後まで謎が満ち溢れている、シリーズ屈指の名作である。

続・エキサイテイングな本!

巧みなストーリー構成と、凝った演出で魅せる本を紹介します!

「クリムゾンの迷宮」 ご存じ、破竹の大活躍をしている貴志祐介氏の珠玉の一冊である。貴志氏の作品は、どれも素晴らしいものばかりだが、その中の一冊と言われたら、迷わず、この本を差し出すだろう。

  感動した本!

読んでゆくうちに、感動して涙を流してしまった本を紹介します!

「夢をかなえる象」 この本は自己啓発の本なのだが、ちまたにあふれている独善的な啓発の本ではない。神様であるガネーシャと、僕の、ユーモアたっぷりのかけあいは、最後のガネーシャの言葉「成功だけが人生やない、理想の自分をあきらめるのも人生やない。ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて……」に、つながる。お別れの時のガネーシャの言葉には、不覚にも涙を流してしまった。

ナイスなミステリー

いまやミステリーの世界は、大幅にその範疇を拡げ、社会派ミステリーや青春ミステリー、ユーモアミステリーに医学ミステリー、警察内部などを告発するミステリーなど、さまざまのものが、溢れています。その中で、面白かったと思うミステリーを紹介します!

  

「パラドックス学園 ~開かれた密室」 作・鯨 統一郎 この物語はパラレルワールドをモチーフにした快作である。こちらの世界で、超がつくほど有名な作家が登場人物として次々出てくる。シャーロック・ホームズの産みの親、コナン・ドイル、アルセール・ルパンの作者、モーリス・ルブラン、名探偵ポアロを世に送り出したアガサ・クリスティー……。それらのミステリ小説界の大御所たちが密室で起こった殺人事件を解決するために、奔走するのである。 さて……、ミステリ界の大物ジョン・ディクスン・カーを殺した犯人は? 犯人は、まったくもって意外な人物である。パラレルワールド舞台にした小説だから、成しえたトリックなのだが、これを推理小説と言ってよいものだろうか。 その判断は、読んだ人に任せるしかない。

続・ナイスなミステリー

おもしろかったと思われる、エンターメントに溢れるミステリーを紹介します!

   

「アリアドネの弾丸」 海堂 尊・著 (宝島社) 海堂氏といえば、第4回『このミステリーがすごい!』大賞で、見事、大賞の栄冠を勝ち取った作家である。大賞を受賞した「チーム・バチスタの栄光」はテレビドラマや映画になり、世間から注目され、テレビも映画も本も大ヒットしたのであった。この本「アリアドネの弾丸」は、チーム・バチスタのデコボココンビ、行灯こと田口と厚生省の火喰い鳥、白鳥がまたもや出てきて大活躍する推理物である。このシリーズは「チーム・バチスタの栄光」から始まって、「ナイチンゲールの沈黙」「ジェネラル・ルージュの凱旋」、「ジェネラル・ルージュの伝説」、「イノセント・ゲリラの祝祭」そして、この「アリアドネの弾丸」で6冊目である。6冊の中でどれか一つ読めと言われたら、迷わず、この「アリアドネの弾丸」を推薦しまーす。そして、シリーズ最終作になる「ケルベロスの肖像」残念ながら、まだ未読ではあるが、期待を裏切らない、デキになっていると思う。

 人気作家の本!

ベストセラーを次々と生み出す人気作家の本を、毎月1冊の割合で、取り上げてゆきたいと思います!

 

「永遠の0」 百田尚樹・著  いま、話題になっている本である。(H26,1)文庫本で350万部という文庫本で一番売れた本でもある。おいおい、この出版不況といわれる現在、どうしてそんなに売れるんだ? と、いう疑問がふつふつと心の中に起こり、本屋に行って買ってきた。買って、直ぐ読みたかったが、この小説を原作にした映画もやっていたので、まず、映画から観てみた。一言で言って、大変良い映画であった。一緒に行った友人が「これからの人生を変えるかもしれない映画だった」と言っていたから、感動したのは、小生だけではないようである。で、原作を読んでみる。第二次大戦中、活躍した0戦という戦闘機をモチーフにした秀作である。決して読んで損はしない。一年に一度は手にして見たい小説であった。  

 ナイスなマンガ!

人を夢中にさせる本は、小説だけとは限りません。時を忘れ、無我夢中で読んだマンガ本を紹介します!

  

「仮面ライダー スピリッツ」(全16巻)原作・石ノ森章太郎、漫画・村枝賢一  原作の石ノ森章太郎版、仮面ライダーを、よく知らない世代でも、十分楽しめる作品になっている。幼い時、仮面ライダーと接した世代には、当時の格好よくて、優しいライダーがそこにいる。仮面ライダーを描いた漫画は、ちまたにあふれているが、読んでいて、涙がでるほど恰好いいライダーが、描かれている本は、この本だけだと言っても過言ではない。 「滝、今夜は俺とおまえでダブルライダーだな」 本郷が、言った第一巻の名セリフは、当時、ライダーに憧れた、すべての者たちの心に響きわたる。

続・ナイスなマンガ!!

なんか、こう疲れていても、時間を無駄にしたくないとき、無性にマンガを読みたくなる時があります。そんな、ひとときの清涼剤になってくれたマンガを紹介します!!

   

「悪魔くん千年王国」(全)ちくま文庫。著・水木しげる。NHK朝のテレビ小説「ゲゲゲの女房」でまた一段と有名になった漫画家、水木しげる氏の本である。現在、市場に出ている「悪魔くん」の名を冠したマンガ本は、水木氏が貸本屋時代に描いた「悪魔くん」、少年マガジン版「悪魔くん」、少年ジャンプに連載された、この「悪魔くん千年王国」の3つである。(コミックボンボン版、コミックBE版は除く)この「悪魔くん千円王国」は、水木氏が諸々の事情で中断した貸本屋時代の「悪魔くん」を完成させた形で描いている。(小生は、そう思うが、みなさんはどうですか?)千年王国をつくるために、家庭教師の身体を乗っ取り、自分の使徒にするやり方には、少々疑問に思うが、何度でも読み返してみたい本ではある。

 ナイスな映画!!

心に残った映画、わくわくはらはらした映画、涙を流してしまった映画を紹介してゆきます!

   

「サウンド・オブ・ミュージック」1965年公開。20世紀フォックス提供。この映画はミュージカル映画である。小生、この映画を見るまでは、ミュージカル映画に関心がなく、もっぱらSF映画やら、怪獣映画ばかり観ていた。が、あるとき偶然、地方の映画館で怪奇映画と、この映画が、2本立ててかかった。小生のお目当ては、もちろん怪奇映画であったが、いつのまにか先に上映された「サウンド・オブ・ミュージック」のとりこになってしまい、怪奇映画など、どこかにぶっ飛んでしまったのであった。(今でも同時に封切られた怪奇映画の名を思い出せないでいる)主演のジューリーアンドリュースの魅力に心が激しく波打ち、全編に流れる名曲の数々に涙腺がゆるみぱなしになり、あげくの果てには、映画館で一緒になって歌い出したのである。(心の中で……)「エーデルワイス」「ドレミの歌」「ひとりぼっちの羊飼い」みな、今も愛されている曲である。

 続・ナイスな映画!!

心に沁みる映画は、つらかったり、悲しかったりしたとき、ふと想いだすものである。感動は人に勇気や希望を与えるものだと信じてゆきたい。そんな想いを与える映画を紹介してゆきます!

「カラー・パープル」ワーナー・ブラザース映画・監督、スティーブン・スピルバーグ。スピルバーグ監督は「シンドラーのリスト」で初めて、アカデミィー賞、作品賞に選ばれたが、本作はそれに勝る人間ドラマを描いた秀作と言っても過言ではない。人種差別や男女差別を真っ向からとりあげ、人間にとって、何が一番大切なのかを、高らかに謳いあげている。ぜひ、見て欲しい名画である。

アマゾンさんの広告です!

オンライン小説のサイトです!

飛ばすな80くん格言集

今日の格言

黒ひげ危機一発のコアラ版です!

MMOタロット占い

時計付きタロット占いです!

最新記事

愛しきアナログ・ゲーム その1

子供の時、夢中になったゲーム(TVゲームは除く)を紹介しまーす! いまでも人気があるゲームたちのなので、容易に手に入れることができます。

  

「ウノ」 カード・ゲーム 子供のころ、トランプに飽きたとき、誰かがクラスに、この“ウノ”を持ってきて、おおいに盛り上がった経験がある。ルールも簡単で、色鮮やかなカード・ゲームは、修学旅行のバスの中のゲームの定番となってしまった。

愛しきアナログ・ゲーム その2

ボードゲームには、テレビゲームでは決して得ることができない楽しみがある。子供のころは、新しいボードゲームがやれたら、その日一日はバラ色に包まれたものである。

  

「モノポリー」世界大会が開催される大人気のボードゲームである。小学生のころ、このゲームをやりたいためにそろばん塾をさぼったときがあった。

愛しきアナログ・ゲーム その3

みんなでワイワイ、がやがや、楽しくなるパーティーゲームを紹介します!

   

「ピット」 ルールもいたって簡単! 「チン」とベルを鳴らし、9枚のカードを素早くそろえた人が勝ちというもの。いっせいに、カードを9枚、揃えようとするので、盛り上がりかたは半端じゃあない。もりあがって「うるさい!」と、近所から苦情が来た時があった。

ブログ村で、go! 

アルファーポリス・ランキング

カウンターだよ!

現在の閲覧者数:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。