映画鑑賞記

映画 「陽だまりの彼女」を観る!

 ←釜石市民劇場 「みんな笑顔で!」 通信 VOL 7 →餓鬼狩り (第一回)
               原作に劣らない素晴らしいMovie

 釜石市民劇場での活動も一段落したので、北上市に行って、今、巷で話題になっている映画「陽だまりの彼女」   を観てきた。
 この映画は越谷オサム氏の同名小説を、映画化した作品である。

  偶然、書店で見かけた、この小説本のキャッチ・コピー(女子が男子に読ませたい小説No,1)
に魅かれて、「陽だまりの彼女」なる本を手に取り、レジにいって買い求めたのが、この物語との出会いであった。

 一言で言って、大変面白かった。
 普段、恋愛小説など、読まない小生が、夢中になって読みふけった。
 三回、読んで、三回とも涙してしまった。
 
 その涙した小説が、今回、映画化されて、公開されるということで、釜石から北上に行って、映画化された
 作品を観てきたのである。(残念ながら、釜石市には映画館がありません)

 当初、観に行くことに戸惑いがあった。
 良くベストセラーになった小説や、大ヒット漫画などが映画化されて、話題になり、世間を騒がすが、
 残念な作品になってしまった作品が、結構、あるのである。
 某少年週刊誌に連載されて、テレビアニメにもなり、国内で大ヒットした漫画が、ハリウッドで制作されて、
 「あれれっ、そりゃあおかしんじゃない!?」という結果になったり、有名な文学賞を獲った小説が、
 「単なるエロ映画になってしまったんじゃあないの!?」というような結果になってしまったり……。
 そういう落胆は、したくはないので「陽だまりの彼女」を観劇することに迷ってしまったのであったが、今回は……。
 “観に来てよかった”である。

さすが、10月20日 ~ 21日の国内映画興行成績首位の作品である。
 (ちなみに、あのおしんは5位である)
 ネットで、「陽だまりの彼女」の映画レビューを読んでみても、好意的なレビューがほとんどで、
 主演した上野樹里と松本 潤、真緒の中学時代を演じた葵わかなと、同じく中学時代の浩介を演じた、
 北村匠海に対する賛辞が、レビュー欄にドーンと溢れているのである。

 もちろん、原作をうまくこなした脚本作りにも頭が下がった。
 原作には登場しない、真緒に恋心を抱く新藤というキャラと、物語のカギを握る大下という人物を
 物語の要所々々に登場させ、巧みに伏線を張り巡らせている。
 また、原作で使われた小道具(エピソード)が、形を変え、(映像的に見せるため!?)観ている者に、
 映画ならでの表現を魅せてくれるのである。

 多少、不満も残ったが(ラストは原作の方がいいと思ったのは、小生だけでしょうか)
 本当に良い、Movieであった。

  の
              〈映画・ 陽だまりの彼女 より〉

 PS ただいま某新人賞に向けて小説を執筆中!
   当分の間、ブログの内容は地域情報のみになる予定です。

  
スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 自作小説
もくじ  3kaku_s_L.png 市民劇場 裏話
もくじ  3kaku_s_L.png 命の輝き
もくじ  3kaku_s_L.png 映画鑑賞記
  • 【釜石市民劇場 「みんな笑顔で!」 通信 VOL 7】へ
  • 【餓鬼狩り (第一回)】へ

~ Comment ~

人工地震 不正選挙 

周りに拡散して下さい、お願いします

12・16ユダヤ金融資本のための不正選挙
リチャード・コシミズ【検索】ブログ動画
不正選挙のつぎは日中戦争 核戦争=純粋水爆
徴兵制=海外に逃げたら死刑 ↑放射能48時間消
ユダヤ米国、負債222兆米ドル(2京円)破綻
↑が原因で、311人工地震テロ東北大虐殺
安倍は金融ユダヤのイヌ ↑テレビ新聞もイヌ
日本の総理が北朝鮮工作員=背後に米国ユダヤ
TPPは医療金融保健他全て=ユダヤ企業の奴隷
TPPで資産数百兆、数千兆?=ユダヤ強盗団
TPPテロ=NWO世界統一政府=ユダヤ世界支配
ユダヤ金融資本のための不正世論調査
ユダヤ金融資本のための不正出口調査
日中に戦争させて戦争経済で笑う金融ユダヤ人
ユダヤ金融資本のために殺し合う日本と中国
石破茂「戦争に行かない奴は死刑」と発言
7・21不正選挙、大クーデターしやがった
日中戦争阻止、侍日本人は命を失っても戦います

2013年、年内にユダヤ・朝鮮裏社会が
日本テロを実行する計画があるようです。
また日本人が虐殺されます、阻止します。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

canada goose

三文クリエイター:映画 「陽だまりの彼女」を観る!,நீங்கள் இங்கே தகவல் பார்க்கலாம் தொடர்பான கட்டுரைகளை பார்க்க விரும்பினால் இந்த கட்டுரை, எனினும் சரியான எழுதப்பட்டது:canada goose,
  • 【釜石市民劇場 「みんな笑顔で!」 通信 VOL 7】へ
  • 【餓鬼狩り (第一回)】へ