FC2ブログ

自作小説

餓鬼狩り (第十七回)

 ←地元企業の名品を食する! (その5) →釜石駅にて……。
                       餓鬼狩り  (第十七回)

 空高く舞い上がった那美は、光破剣を水平にし、そのまま横に薙ぎ払った。光破剣の切っ先から、いくつもの光の玉が弾き出てくる。那美は二匹の食吐の周りを旋回しながら、食吐、めがけて、光の玉を、撃ち続ける。二匹の食吐の頭部、胸、二の腕、脚部に、光の玉が次々と命中する。光の玉を喰らった食吐の動きが鈍くなる。二匹の食吐のうち、一匹の食吐が、那美の執拗な攻撃に、膝を崩した。その機を逃さず、那美は、すかさず、その食吐の後方に廻りこみ、光破剣で、食吐の背中を斬り割いた。
「ぐぇぇっええっ~」
 夏の夜に鳴く、がまカエルのような悲鳴が上がった。が、絶命には至っていない。食吐は、もんどりうって倒れ、再び立ち上がる。食吐の背中を斬り割いた那美を、もう一匹の食吐が襲う。巨大な手を伸ばし、空中に浮遊する那美を、その手で掴もうとしている。那美は反転し、体毛を逆立てて迫りくる巨大な食吐の右手の人差し指と、中指の間に、光破剣を斬りこませ、一気に、そのまま二の腕まで、縦に、食吐の右腕を斬り割く。ゴトリと音をたてて、食吐の右腕の半分が地上に落ちる。右腕の半分を切り落とされた食吐は、左腕で、那美を掴もうとするが、那美は空中で一回転し、襲い来る食吐の左手を手首の部分から切り落とした。
 右腕の半分と、左手首を切り落とされた食吐は、悲鳴をあげながら、のたうち回った。
 食吐の左手首を切り落とした那美に、背中を斬り割かれた食吐が立ちはだかる。一瞬の隙をついて、那美を、その手に握りしめる。 那美の懐に忍ばせている若草色の香袋が、紅梅色に光る。那美を握りしめている食吐の右手が業火に包まれる。が、燃え尽きない。巨大な質量を持つ食吐の右手が、燃え尽きることを拒んでいるのだ。
 那美は、光破剣を空中に放った。光破剣が、勢いよく回転しながら、弧を描いて食吐の右肩に食い込み、そのまま食吐の右腕を切断する。大気を寸断するかのような食吐の悲鳴があがる。右腕を付け根から切断された食吐は、おびただしい血潮を噴き出して悶絶した。
 那美の手の中に、光破剣が戻ってくる。那美は、食吐の右手から逃れ、再び、二匹の食吐と対峙した。
 背中を斬り割かれ、右腕がなくなってしまったた食吐と、右腕を縦方向に切り裂かれ、左手首を切り落とされた食吐。
 二匹の食吐の闘争本能は、いささかも衰えていない。空中に浮遊する那美を、睨み付け、隙をうかがっている。
 那美は、急降下し、二匹の食吐の脚部を狙った。
 那美の意図を見抜いたのか、二匹の食吐が、大地を蹴り、大空に跳ぶ。が、背中を斬り割かれ、右腕を失った食吐のバランスが崩れている。機敏に動けない。
 那美の光破剣が、その食吐の左の足首を横一文字に切断した。
 一方、呂騎と闘っていた雁黄は、体に起こっている異変に、動揺を隠せないでいた。
 体から溢れだしてきている体液が、腐臭を放ち、雁黄が、一歩踏み出すたびに、体毛が抜け落ちてきている。すでに、臓器がいかれ始めているのだろう。腹の中が熱くたぎっている。立ってあるくのさえやっとだ。
(俺は……、俺は溶けてしまうのか……。黒堕の仇もとっていないというのに……)
 呪われた蒜壷一族ゆえに、日中での活動が制限されることは知っている。これまで、何度も、その禁を犯し、溶けて行った仲間の蒜壷一族を見ている。硬い甲羅をまとった蟹の姿の蒜壷さえも、陽の下では、半日も持たなかった……。
(だから、俺は陽の光が届きにくい森の中に、那美をおびきよせた……)
 雁黄は、頭上で、那美と闘っている二匹の食吐を睨み付けた。
(伽羅は、なにゆえ身長五十メートルもある食吐を下界に下ろした?)
 二匹の食吐は森林を破壊つくした。陽の光を遮るものは、もうここにはない。蒜壷にとって、拷問とも呼べる空間が、ここにできてしまっていた……。
(あいつらの手など借りぬとも、那美を、この手でやれたはず……)
 雁黄は、大地に両手をついた。
《雁黄よ》 
 呂騎が、雁黄に思念を送った。
《もう、観念したらどうだ》
「う、う、う、う、うるさい!」
 雁黄が忙しく息をつぎながら、言葉を返す。
《そこに黒堕の遺骸がある》
 雁黄の唯一の肉親とも呼べる愛犬、黒堕の首のない遺骸が、倒れた巨木の下にあった。
 命なき黒堕の遺骸は、すでに、その七割が溶解している。あの猛々しい黒堕の面影はもはやない。
「黒堕……」
 死期を悟った雁黄が、黒堕の遺骸に近づいてゆく。
 黒堕もまた、寂れた鉄工所跡で那美の手によって葬られた餓鬼、食肉や、針口、と同じように跡形もなくなり、その存在さえも闇に消えてゆくのだ。
「黒堕……。黒堕よう……」
 雁黄が、一歩一歩、大地を踏みしめて、死んでしまった愛犬の元に歩いてゆく。
 黒堕の遺骸にたどり着いた雁黄は、そのままそこに倒れ込み、もはや犬の形状を留めていない黒堕の遺骸を抱いた。
「黒堕……。おまえ一匹、寂しい思いはさせん。もうすぐ、おまえの後を追って、この俺も、行くからな……」
 黒堕の遺骸を抱いた雁黄は、血を吐き、そのままうつ伏せになって、息絶えた。

                         = 第十八回に続く =

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 自作小説
もくじ  3kaku_s_L.png 市民劇場 裏話
もくじ  3kaku_s_L.png 命の輝き
もくじ  3kaku_s_L.png 映画鑑賞記
  • 【地元企業の名品を食する! (その5)】へ
  • 【釜石駅にて……。】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【地元企業の名品を食する! (その5)】へ
  • 【釜石駅にて……。】へ